よくあるご質問

亡くなった家族の車を廃車にしたい

亡くなった家族が乗っていた車があるのですが、かなり古く、もう他に誰も乗ることがないので廃車にしたいと考えています。すぐに廃車できますか?
費用はどれくらいかかるものなのでしょうか?複雑な手続きがあるのでしょうか?
このように遺産として相続された車の廃車手続きについて、カーネクスト新潟からお答えします。

車の相続と廃車について

意外と知られていない車の相続と廃車について簡単に説明させていただきたいと思います。

車の相続は必要

車の相続はきっちりしておかないと、後に面倒なことになる可能性があります。相続をしておかないと相続人の財産とは認められませんので、所有者ご本人以外はその車の売却や廃棄もできませんし、また故人名義のまま事故を起こしたりすると保険に関しても補償されないというような事態を招きかねませんので、相続は必ずしておいたほうがいいでしょう。

相続する時期は?

道路運送車両法第13条では、新所有者は車両の所有者に変更があった日から15日以内の届出が義務付けられています。所有者が亡くなられたら車の相続についても忘れずに手続きをしておかなくてはいけません。

車検証で所有者の確認を!

廃車をしようと手続きを開始し始めたとき、「車検証の所有者は誰になっていますか?」と尋ねられ確認してみると、亡くなられたご家族の名前ではなかったということもよくあります。まず最初に車検証で所有者が誰なのか確認してみる必要があります。

所有者が第三者のときは・・・

車検証を確認すると故人ではなく所有者が第三者になっていた場合。車購入の際にローンを組んでいると、所有者はローン会社やディーラーから変更されていないことが多くなっています。売却にしても廃車にしても所有者しかできませんので、車検証に書かれている所有者がもしローン会社やディーラーなど第三者になっているなら、まず所有者変更の手続きをしてからでないと廃車はできません。ローンを完済している場合は、ローン会社に所有権解除のお願いをすれば書類を発行してもらえますし、ローンが残っている場合はローンの残債が相続人に引き継がれますので基本的にローンを支払ってからの廃車になります。

所有者が亡くなったご本人のときは・・・

車検証の所有者欄が亡くなったご家族になっている場合は、相続人を決めて名義変更をすればそのお車を廃車にできます。相続人の第一順位は子供、第二順位は父母、第三順位は兄弟姉妹となっており、配偶者はいずれの場合も相続人となります。ここで、所有していたお車が普通自動車か軽自動車かによって手続きが少し異なってきます。軽自動車の場合は、通常の名義変更の際に必要な書類と、被相続人の戸籍謄本をそろえて手続きしていただくことになります。普通自動車よりも比較的簡単になります。

普通自動車の遺産相続案件の場合

普通自動車を遺産相続し廃車する場合は、用意する書類が軽自動車の時に比べて多くなります。
お車の所有者が亡くなられたときは所有者を相続人に変更しなければいけませんが、相続人が1人のみの単独相続と、相続権を複数名が持っており協議を行って相続人を決定する遺産分割協議による相続手続きがあります。相続人数ごとの遺産相続廃車手続きについて説明させていただきます。

相続権を持つ人が一人のみによる廃車の場合

相続権を持つ人が1人のみ(他に相続権を持つ人が相続権を放棄した場合含む)の廃車手続きの書類は以下になります。

  • 自動車検査証
  • 戸籍謄本または戸籍の全部事項証明書など(所有者死亡と相続人との関係がわかるもの)
  • 相続人の印鑑証明書(発行後3か月以内のもの)
  • 相続人の実印 ※本人が来られない場合は実印を押した委任状
  • 車庫証明書(証明後40日以内のもの)※自動車の置き場所が変わる場合
  • 申請書(OCRシート1号)
  • 自動車税申告書
  • 手数料納付書
  • 所有者と使用者が異なる場合は、使用者の住民票(発行後3か月以内のもの)※使用者本人が来られない場合は委任状

相続権を持つ人は複数、代表相続人を決めて廃車する場合

複数の相続人の中から遺産分割協議を行い、1人の代表相続人を決めて廃車する場合の書類は以下になります。

  • 自動車検査証
  • 遺産分割協議書(相続人全員の実印)※相続人の中に未成年者がいる時は特別代理人の押印が必要
  • 戸籍謄本または戸籍の全部事項証明書など(死亡と相続人全員がわかるもの)
  • 代表相続人の印鑑証明書(発行後3か月以内のもの)
  • 代表相続人の実印 ※本人が来られない場合は実印を押した委任状
  • 車庫証明書(証明後40日以内のもの)※自動車の置き場所が変わる場合
  • 申請書(OCRシート1号)
  • 自動車税申告書
  • 手数料納付書
  • 所有者と使用者が異なる場合は、使用者の住民票(発行後3か月以内のもの)※使用者本人が来られない場合は委任状

また、車の査定額が100万円以下の場合、遺産分割協議書の代わりに遺産分割協議成立申立書での手続きも可能です。

複数人いる相続人全員で相続する“共同相続”の場合

複数いる相続人の全員を所有者として廃車をする場合の必要書類は以下になります。

  • 自動車検査証
  • 戸籍謄本もしくは戸籍の全部事項証明書など(死亡と相続人全員がわかるもの)
  • 相続人全員の実印 ※本人が来られない時は実印を押した委任状
  • 相続人全員の印鑑証明書(発行後3ケ月以内のもの)
  • 新所有者以外の相続人全員の譲渡証明書(実印の押印が必要)
  • 車庫証明書(証明後40日以内のもの)※自動車の置き場所が変わる場合
  • 申請書(OCRシート1号)
  • 自動車税申告書
  • 手数料納付書

相続人へ名義変更

上記の書類を、新しく所有者になられる相続人の住んでいる住所を管轄する運輸支局に出向いて名義変更の手続きをします。万が一、管轄する運輸支局が変わってしまう場合は、名義変更手続きにナンバープレートが必要になってきます。二度手間などを防ぐためにも、まず運輸支局に準備書類の確認をする方がいいでしょう。

軽自動車の場合

軽自動車の場合、故人の廃車に必要な書類は通常の名義変更手続き書類と被相続人の戸籍謄本になります。下記の書類をそろえて、軽自動車検査協会で名義変更の手続きをおこないます。

軽自動車の名義変更に必要な基本的な書類

  • 自動車検査証
  • 被相続人(旧所有者)の戸籍謄本 (亡くなられたことと故人との関係がわかる公的な書類)
  • 使用者と所有者の住民票 ※発行後3か月以内のもの
  • 軽自動車税申告書
  • 自動車検査証記入申請書
  • 自動車取得税申告書
  • 所有者と使用者の印鑑
  • 旧所有者の印鑑

名義変更後に廃車

名義変更手続きが終われば、新所有者が廃車の手続きを行うことができます。ここからは普通自動車も軽自動車も違いはなく、通常の廃車と変わりありません。

所有者が亡くなられた場合も廃車はカーネクスト新潟へ

カーネクスト新潟では経験豊富なスタッフが丁寧に相続や廃車について詳細をご説明させていただきます。カーネクスト新潟では、お電話一本でお車の引き取りから面倒な廃車手続きまですべて無料でさせていただいています。費用が発生することはございません。まだ相続がお済みでなくても、相続から廃車までの流れをわかりやすく説明させていただきますので、ご自身で手続きが難しいし面倒だと思われる場合は、カーネクスト新潟までお気軽にご相談ください。

カーネクスト新潟の新潟県内での廃車買取実績一覧

カーネクスト新潟の廃車買取実績についてご紹介しています。廃車手続きに関する情報や、過去の引取り実績などを紹介しております。

新潟市長岡市三条市柏崎市新発田市小千谷市加茂市十日町市見附市村上市燕市糸魚川市妙高市五泉市上越市阿賀野市佐渡市魚沼市南魚沼市胎内市

コメントを残す

*