自動車税・還付金

新潟県での廃車後の還付金

カーネクスト新潟でよくいただくご質問のなかでも疑問に思われている方が多い廃車後の還付金について、こちらでご説明します。

廃車すると受け取ることが出来る還付金にはいくつか種類がございます。車には様々な税金がかかっており、課税義務は車を所有している所有者あります。所有者が車の廃車抹消手続きの申請を運輸支局(または軽自動車検査協会)で行うと課税対象から外され、前もって支払っていた税金の年額分から残りの月割りの負担分が還付されます。廃車抹消登録の手続きは必ず必要となっており、還付金によって受け取れる条件や手続き方法は異なります。こちらで詳しくご紹介いたします。

新潟県での廃車時に受け取れる還付金の種類

新潟県で廃車した時に受け取れる還付金の種類はいくつかあります。

新潟県での自動車税の還付について

自動車税は年度払いです。毎年4月1日~翌年3月31日までの税金を1年間分まとめて支払います。自動車税納税通知書は4月末~5月上旬に届くところが多いようです。地方税の為、各自治体によって異なりますがそこまで差はありません。1年間分を5月末までにまとめて支払う必要があります。例えば6月に抹消をされる場合は、その翌月の7月以降の9か月分の月割りの還付額を受け取ることが出来ます。
※自動車税の還付を受けるには運輸支局や軽自動車協会での抹消が必要です。また抹消せずそのまま置いておくと、乗らなくても毎年自動車税は課税され続けます。乗ることがなくなった時は抹消の手続きを早めにされることをおすすめします。

新潟県での自動車重量税の還付について

自動車重量税(以下・重量税)とは国税で自動車の区分、重量によってかけられる税金です。重量の他には燃費や排ガス規制区分、経過年数で税額が変わってきます。新車購入時や車検を受けるときに支払います。支払いがないと車検が通りません。重量税の還付は、廃車の解体工程をすべて終えて永久抹消登録をすることと、車検の残存期間が1か月以上ある場合のみになります。

新潟県での自賠責保険の還付について

自動車損害賠償責任保険(以下・自賠責)とは、「交通事故が発生した場合の被害者の補償」を目的として開始された対人保険制度のことです。車検時に支払います。「強制保険」とも呼ばれ、こちらも支払いがないと車検が通りません。還付を受けるには運輸支局ないし軽自動車協会で抹消手続きを行い保険会社への請求が必要です。「保険会社窓口で必要書類を提出して受理された日」から車検満了日まで1か月以上残っていれば還付が受けれられます。

新潟県での任意保険の還付について

任意保険とは加入が義務づけられている自賠責保険(強制保険)とは違い、自分の意思で加入・非加入を決めることができるのが「任意保険」です。自賠責保険だけでは万が一の事故の際に補償が足りなくなるケースが多いため、任意保険への加入が推奨されています。もしこの任意保険に加入されていて年払いをされているなら、廃車後に中断や解約の手続きを行えば月割りで還付が受けられます。還付方法などは保険会社により異なりますので任意保険に加入している保険会社に問い合わせをしましょう。

新潟県での廃車手続きで還付が受けられない時

自動車税や重量税、自賠責、任意保険において、その期間使用することを想定して未来の分を先に支払っています。何かの事情でその期間乗らずに満了が訪れる前に廃車を選択した場合、払っていた本来使用するはずだった期間の金額が戻される、これが還付金です。この還付金が受け取れないこともあります。それはどのような時なのか、説明いたします。

自動車税の還付が受けられない理由

自動車税は毎年4月~翌年3月までの1年間分を支払っています。月割りでの還付になるため、2月中までに運輸支局で抹消の手続きが完了すれば、抹消した翌月~3月までの分が納税者の元に戻ります。受けられない時は下記の場合です。

軽自動車だった

軽自動車は自動車税の還付制度がそもそもありません。4月1日に所有者として登録されていた時点で年間分の支払いが必要となります。そのため、4月以降に乗ることがないと決まっていれば、3月末までには軽自動車協会で抹消の手続きが終わるように廃車をされるのが最善です。3月は軽自動車協会も廃車業者も大変込み合いますので早めにされた方が安全です。また、購入する時は4月2日以降に購入されればその年の自動車税の課税はありませんので、ご自身の事情に合わせて手放しも購入もタイミングが大切です。

その他の地方税(都道府県税)を滞納していた

自動車税は地方税(都道府県税)にあたります。そのため住民税や固定資産税など何かの税金を滞納していると、自動車税の還付金が発生していた場合はその分に補填されます。差額があれば差額分が戻ってきますが、なければ戻ってきません。また抹消自体ができないということもあります。これは税金の未払いにより財産の差し押さえをされている時です。差し押さえの時期は地方税法では、「督促状を発した日から起算して10日を経過した日までに完納しないときは、滞納している人の財産を差し押えなければならない」と規定されています。督促状は自動車税の納付期限までに納付されていないと必ず届きます。納付期限までにはもちろんですが、難しかった場合も督促状が届くまでに、もしくは届いたときは速やかに納付するようにしましょう。

新潟県で重量税の還付が受けられない

重量税は新車購入をされた時や車検を受ける時に支払います。車検満了日まで1か月以上残っていれば還付金は受けられます。受けられない時は下記の場合です。

永久抹消をしなかった

永久抹消とは車両の解体が完了すればできる抹消手続きです。この永久抹消をしないと重量税還付は受け取れません。一時抹消手続きでは還付は受けられないのです。解体が完了したかどうかは業者への問い合わせの他に「自動車リサイクルシステム」のサイトでも確認できます。この解体が完了した後に運輸支局や軽自動車協会で永久抹消をすれば還付は受け取れます。申請もその日のうちにそれぞれの窓口で行えます。

残存期間が1か月以上なかった

解体が完了してそれぞれの窓口で申請をした日から、車検満了日までに1か月以上の残存期間が必要です。それ以下ですと月割り還付の為戻りません。解体完了日がいつになるのかは確認しておきましょう。

新潟県で自賠責保険の還付が受けられない

自賠責は新車購入をされた時や車検を受ける時に支払います。自賠責も保険満了日から1か月以上残っていれば還付は受けられます。受けられない時は下記の場合です。

残存期間が1か月以上なかった

抹消登録が完了して保険会社へ還付の申請をして、保険会社が申請を受理した日から1か月以上の残存期間が必要です。それに満たない時は月割り還付の為受け取れません。保険会社に受理されるまでの計算も入れて申請手続きを行いましょう。

新潟県での廃車後の還付金についてのまとめ

新潟県での廃車後の還付金について、ご自身で全てをされると時間と手間がとられてしまいます。面倒だからとそのままにしておくと、本来受け取れるはずの還付金が無くなり維持費もかかります。カーネクスト新潟へ車両の引取りをお任せいただければ、引取から抹消の書類手続きが完了するまで全て無料で行います。任意保険は中断解約をするために必要な書類が何かあれば、作成することは可能ですのでお気軽にお申し付けください。気になることや疑問に感じたことなどありましたらカーネクスト新潟までお問い合わせください。専門スタッフが全て説明いたします。廃車のお申し込みやご相談はぜひカーネクスト新潟までお願いいたします。

カーネクスト新潟の新潟県内での廃車買取実績一覧

カーネクスト新潟の廃車買取実績についてご紹介しています。廃車手続きに関する情報や、過去の引取り実績などを紹介しております。

新潟市長岡市三条市柏崎市新発田市小千谷市加茂市十日町市見附市村上市燕市糸魚川市妙高市五泉市上越市阿賀野市佐渡市魚沼市南魚沼市胎内市

コメントを残す

*